烈海王を語らす演出はやりすぎじゃないの?マニアックすぎない? 主婦(46)

LINEマンガCMに千鳥がキレのある笑い

アメトークなどで芸人が面白くマンガのキャラクターをいじる笑いに俺たちはなれていて、2018年の夏の時点では、このCMが面白くなることは約束されていたんだ。

比較的鮮度の高い、すこしコンテクストが必要でいてそれでいてナチュラルに調教済みの笑い。

いいタイミングでこのネタのCMをつくりやがったな、と言うのが、まず最初の印象。

さすがLINEマンガ。

LINEマンガと千鳥の組み合わせ。

しかもネタは、烈海王いい人節。

これは卑怯ともいえる、禁断の組み合わせ、笑いが三重奏にも四重奏にもなっている。

これはテレビなどでやるやつ、CMにしてはお笑いエントロピーが濃すぎ。

リトル千鳥は知ってると思うけど、ノブはターミネーターのサラ・コナータンクトップのネタ(amazonドキュメンタル4)など、有名映画やメディアの人物のたとえツッコミを武器にしているんだよね。

 

だけど

 

このCMは、大吾からの烈海王。

ラストはノブがツッコんででクッと締め。

 

ハイ、決まった!

 

メイキングも観ようぜ

最近はYouTubeでCMのメイキングを観れるのが嬉しいよね。
千鳥の二人が、緊張してる感じが伝わってくる、そこがいい。

大吾がスタジオ入りするときの歩いてる感じなんか、絵になるよね。

オーラ出てる。

 

 

2018年8月9日公開


ファン必見「いろはに千鳥」DVD

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いろはに千鳥(つ)(ね)(な)3巻セット≪特典付き≫
価格:11664円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)


最新の記事

人気の記事

動画カテゴリ一覧

Android アプリ

アンドロイド版アプリあります。シンプルに千鳥の出演情報をチェックすることが出来ます!

Google Play で手に入れよう